プロフィール

カラーフリー

Author:カラーフリー
color-free(カラーフリー)のブログです!
立命館大学生を中心に集まった、学外にもオープンな団体です!
ジェンダーやセクシュアリティに関する活動をしています。
くわしくは、カテゴリ[color-freeって?]を見てね!

Twitter:@Rits_colorfree

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

color-freeって?

立命館大学color-freeは、ジェンダー・セクシュアリティ・LGBTQにまつわる活動をするサークルです。
2010年1月に、立命館大学学友会の登録団体となりました。

会員のセクシュアリティは不問です。どなたでも会員になれます。
立命館大学生、他の大学の学生、院生、社会人、どなたでも大歓迎です!(ただし高校生以下は要相談)

・「女」らしさ/「男」らしさって何?
・「同性」を好きになる
・性別関係なく好きになる
・恋愛感情がわからない
・ジェンダーや結婚のあり方について興味がある
・自分のことについて相談、交流の場がほしい!

少しでもぴん!ときた方も、そうでない方も、どなたでも大歓迎です。


●主な活動
・毎週のランチ会
・月に数回の集会
集会は「雑談会」「映画鑑賞会」「勉強会」「ジェンダー会」「恋バナ会」など各種あります。
(集会で話された個人情報を他の場で言いふらすようなことは、グランドルールで禁じられてます)
他大学さんとの合同イベントをやることもあります。
交流も活動も、何に参加するかは自由です!

●入会方法
・サークル規約、グランドルールに同意する
・会員と面談する

●面談
「プライバシーへの配慮」を大切にしているので、入会の前に一度面談を設けています。面談といっても堅苦しいものではなく、会員と実際に会って少しお話しするだけです◎
いわゆる「冷やかし」の人を入会させないようにするため、このような制度をとっています。

●入会すると
・メーリングリストに参加できる
・会員限定の集まりに行ける
・自分のやりたい企画をできる

●メーリングリスト(ML)
・一般には非公開のMLです
・color-freeの企画の告知など、様々な情報を共有しています
・MLの退会は自由にできます

●ちなみに
他大学の当事者限定サークルとの合同イベントがたまにあります。
その詳細は、特殊な専用MLでお知らせしています。
入会するときにお尋ねすると思いますが、もし合同イベントに参加希望でしたら、専用MLにも招待します。このMLも自由に退会できます。

●お問い合わせ
colorfree.rainbow☆gmail.com
(☆を半角@にしてください)

入会希望の方は、面談の希望日をいくつか明記してご連絡いただけるとスムーズに対応できます(*^^*)
スポンサーサイト

グランドルール

【color-freeグランドルール】

1.本ルールは、サークルメンバーが関わる全ての場において適用される。
 ミーティング・勉強会・座談会・交流会・飲み会などにおいて、常にグラウンドルールを守りましょう。

2.言いたくないことは言わなくてもいい。
 何か聞かれても、言いたくないことだったらNOと答えましょう。無理に答える必要はなく、NOと言われた場合はそれ以上尋ねないようにしましょう。

3.本人に尋ねずに、相手のことを勝手に決めつけたり、外見で判断したりしない。
 例えば…
 性自認は女や男だけではないし、揺らぐものです。見た目とも関係ありません。体も女や男だけではありません。
 セクシュアリティはレズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、ヘテロセクシュアルだけではなく、Aセクシュアル(恋愛や性的行為をしない人、望まない人)もいます。さらに、セクシュアリティについて、決めていない人、分からない人、定めない人もいます。
 マイノリティの中にも、マイノリティは存在します。ジェンダーやセクシュアリティに関わらないマイノリティ性というものもあります。(例…障碍がある。父と母が1人ずついるとは限らない。髪が黒くても日本人とは限らない。)
 
4.何か言う時は一般化せず、「自分はこう思う」というように、自分の意見として述べる。

5.個人的な話(ジェンダーやセクシュアリティなど)について、本人の許可なく他人にその内容を伝えないし、尋ねない。

6.本ルールは、メンバーが必要とするときに、いつでも変えられる。
 変更の承認は、メーリングリストで反対意見が出なければ、認められたこととします。

7.ヘイト行為の禁止
 ヘイト行為:人種・民族・出身地・性的指向・性別・性同一性・信仰している宗教・年齢・障碍・疾患を理由とした、他者への暴力行為、直接的な攻撃、脅迫の助長、侮辱
 これらを禁止します。

  (2009年12月20日作成)
  (2010年7月3日改正)
  (2017年4月1日 第7項追加)
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。