プロフィール

カラーフリー

Author:カラーフリー
color-free(カラーフリー)のブログです!
立命館大学生を中心に集まった、学外にもオープンな団体です!
ジェンダーやセクシュアリティに関する活動をしています。
くわしくは、カテゴリ[color-freeって?]を見てね!

Twitter:@Rits_colorfree

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第六回 「ジェンダーと性別をドラマで考える研究会」

恒例の「ジェンダーと性別をドラマで考える研究会」のお知らせです!
_____________________________

第6回 「ジェンダーと性別をドラマで考える研究会」

このワークショップ(研究会)は、性別やジェンダーに関するテーマを様々な角度から考察しつつ、今までより高次な理解に進もうと意図するものです。使用する方法は、ドラマセラピーの一手法である「ソシオドラマ」であり、個々人の問題意識を共有し、ディスカッションする場です。

テーマ、またはドラマセラピーに興味がある方ならどなたでも参加できます。

実際のセッションは、楽しいゲーム等を通して全員の身体と心と頭を心地よくほぐし、ゆるめることにより、安全な場を作ることから始めるので、安心して参加できます。ドラマを通して多くの可能性を試し、その後、個人の感覚、社会の態度、問題などを話し合います。
ちょっとした普通の社会現象、社会意識の奥には、何が隠され、それに無意識に関わる自分は何者なのか?
そこが変化すれば、何が変わるのか?など、様々な可能性と変化を、毎回真剣に、そして楽しく考察します。

これまでの研究会で扱われた題材は以下の通り:
・低年齢から、意識に組み込まれたジェンダー意識は、どのように作られたのか。(保育園での場面)
・いわゆる「おねえキャラ」のお笑い芸人たちと、それを売り物にするプロデューサーたちや受け入れる社会
・バレンタインデーのチョコにまつわるやっかいな問題
・ズボンをはいて登校したい女子学生、反対する学校側
・合コンで、女性たちが気に入られると男性がおごるというルールってどういうこと!?
・道を歩くときは、男性が車道側になるべき?
・電車内の痴漢をなくすには?
などなどです。

毎回、「一回完結」のグループではありますが、その出会いを大切に、良いプロセスと気づきの時間になっています。

日時:2013年7月16日(火)
16時半ー19時半(開場 16:20)
場所:立命館大学(京都・衣笠キャンパス)
   創思館 4階 409号教室
アクセス: http://www.ritsumei.jp/accessmap/accessmap_kinugasa_j.html
参加費:無料
募集:12名程度

講師:尾上明代
(北米ドラマセラピー学会公認ドラマセラピスト・同学会認定トレーナー)

問い合わせ・申込み
(申込みが必要です。メールで以下アドレスに「参加希望」とお送り下さい)
seibetsuiwakan_dt@yahoo.co.jp

運営委員(立命館大学大学院):
牛若孝治(うしわかこうじ)
尾上都(おのえみやこ)
藤沢奈美(ふじさわなみ)

なお、7月の次は8月24日(土)を予定しています。

 以上です。なお、ドラマセラピーについての詳細な情報は、下記の「対人援助学マガジン(対人援助学会発行)のアドレスをご参照ください。http://www.humanservices.jp/magazine/magazine1.html
スポンサーサイト
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。